イベント

「ツバメのねぐら入り」観察会
(小山市、ラムサール湿地ネットわたらせ共催)

 ツバメは、繁殖を終え南の国に旅立つ秋の渡りの時期まで、大きな川や沼などの湿地の周りに集まり、湿地帯のヨシ原をねぐらとしています。
渡良瀬遊水地には本州以南最大のヨシ原があるため、毎年8月中旬~9月上旬にかけて、最大約10万羽のツバメの大群が集結し、渡良瀬遊水地をねぐらとしています。
 そのツバメたちが、夕暮れ時に一斉にヨシ原に入る光景はまさに圧巻の一言です!そんな日本最大の「ツバメのねぐら入り」をこの機会にぜひ一度観察してみませんか?

【受付期間】平成30年8月1日(水)~8月10日(金)12時00分まで

1.日時    平成30年8月19日(日)16時30分~19時30分(予定)
        ※雨天中止

2.受付    16時00分から

3.集合・解散 小山市役所前駐車場

4.主催    小山市、ラムサール湿地ネットわたらせ

5.定員    15名

6.申込方法  渡良瀬遊水地ラムサール推進課(Tel:0285-22-9354)まで、電話にて申
        し込みください。なお、申し込みの際は、氏名、住所、電話番号をお伝えください。
        ※応募者多数の場合は抽選となります。

7.その他   ・当選者の発表は通知(集合場所や行程等)の発送をもってかえさせていただきます。
        ・通知は10日(金)発送予定
        ・カメラのフラッシュ禁止(通常のデジカメでは撮影は難しいです。)
        ・虫よけ対策、双眼鏡は各自でご用意ください。